社会人がアウトドアにハマる理由

つれづれ

こんばんは。苗です。

自己紹介でも言っていますが私は趣味で登山に行ったりします。
よく、初対面の人に趣味を聞かれて、山登ったりします、なんて答えたりすると、
かなりの確率で
「高尾山とか?」とどうせ軽いハイキングでしょ、みたいな感じで言われますが、
もうちょっと本気です。笑
(高尾山だってルートによっては結構キツいんですよ!バカにすべからず!)

登山に必要とされる道具はしっかり登山用のものを一通り揃えてますし、
富士山も登頂済みです!
ガスバーナーも買って山ごはんもデビュー済み。

こんな感じで私が登山を始めたのは社会人になってから。
もともと山ガール的な服装が好きだったりで、山に興味はあったのですが
同期とノリで山にハイキングに出かけたことをキッカケに
社会人になってからより強く山、広く言えば自然を求める傾向が強くなりました。

こんな風に、キッカケはなんであれ
社会人になってから自然を求めてアウトドアを趣味とするようになる人、結構多いように思います。

なぜ?その理由を私なりに考えてみました。

電波ジャングルから解放されたい

この10年足らずの間に、あっという間に普及したスマートフォン。
今私たちの生活の中で、スマートフォンを手にしない日はないと言っても過言ではありません。
通勤時間はスマートフォン、会社ではPCに向き合う日々を送っている人も多いはず。
私はIT企業に就職してから、学生の頃苦手だった(!)PCを使用する時間が格段に増えたため、
なんとなく、自分の体に電波が溜まっているようなモヤモヤ感をおぼえるようになりました。

これがね。電波の届かない山を歩いていると

放電されるんですよね〜。体すっきり。

きっと体に溜まった電気が
大自然のマイナスイオンとくっついていい感じに体からふわふわーて出ていくんじゃないかなあ・・
 #物理を知らない人の発言
 #中学の時「実はマイナスイオンなんて名前のものはない」って先生言ってた気がする

とにかく。自然を求める気持ちは電波ジャングルに疲れた体からのSOSなのかもしれません。

深呼吸したい

上京してきた友人は口を揃えて言います。

「東京は空気が汚い。くさい。」と。

TOKYO GIRLな私は、
「確かに自然があるところに行ったら空気が綺麗だな、ってわかるし
 東京の空気は綺麗とは言えないけどまあ吸えるしな…」と思っていました。

でも、ふと思ったんです。

Q. 山行ったら絶対やることなーんだ?

A. 深呼吸

…深呼吸って、普段の生活の中であんまりしないな。
したいと思わないな。

もしかしたら…無意識のうちに東京の空気を深く吸い込まないようにしてる…?

・・・

東京の空気をそこまで悪くいうかはさておき(笑)
現代人は呼吸が浅い人が多いそうです。

空気で自分をいっぱいにして、ふっと力を抜く。
深呼吸する場所を、求めているのかもしれません。

癒されたい

いや、この一言が全てを表しているとは思うんですけど。

山に行って、自然に囲まれていると、
社会に揉まれてトゲトゲした気持ちが
本当に柔らかくてやさしい気持ちになるんです。

癒されるんです。
自分を保つために、自然を求めてるのかもしれません。

結論

まとまりなく書いてしまいましたが
社会人が登山などアウトドアにハマる理由は

忙しさに追われてこわばった自分からの合図。

ではないでしょうか。

アウトドア最高。
山登りもハイキングも最高。
大人数のワイワイキャンプも最高だし、
恋人とのまったりキャンプも最&高。

近々キャンプレポート書きたいなあ。

では。

コメント